ヘンプオイルの魅力

私は、アロマセラピストをしています。
アロマセラビーには、精油の香りを楽しむ香浴のほか、
クライアントに、精油を含ませたオイルでマッサージすることで、
体内に精油やオイルの成分を浸透させ、リラックスや血行をよくする施術をします。
そのため、私はマッサージする時のオイルを厳選して選んでいます。
オイルには、植物油を使用します。
その植物油も様々な成分や質感があります。
分かりやすく例えると、ゴマ油やオリーブ油があります。
みなさんも料理によく使いますよね。
料理用のゴマ油やオリーブ油は、色も香りも、全く異なります。
それと同じように、マッサージに使用するオイルも、色や成分、質感が様々なのです。
そんな中、最近、一番のお気に入りのオイルは、ヘンプオイルです。
ヘンプ、というのは、大麻のこと。
日本では、大麻(たいま、おおあさ)、マリファナ、ヘンプ、麻など、
様々な呼び方が混在していますが、みなさんが思い浮かべる、麻薬にもなる、
大麻です。
この大麻の実の油を抽出してできたのが、ヘンプオイルです。
これは、無色透明で、香りもほとんどありません。
質感が、とても軽いので、べとつくこともなく、肌にさっと馴染みます。
このオイルは、成分が大変にすぐれていて、
植物油の中で、一番必須脂肪酸が含まれている量が多いのです。
必須脂肪酸とは、人の体内では作り出すことのできない脂肪酸で、
外部からとらなければなりません。
主に食べ物から取ることになりますが、
マッサージの際に皮膚に塗ると、皮膚からも吸収されます。
人の発育、肌の成長や保護には欠かせない成分です。
その中でも、オメガ3という青魚に多くふくまれる血行を促進する物質が、
多く含まれている、という特徴があります。
魚を食べる機会が減っている私たちは、
オメガ3系の脂肪酸が不足しがちで、不足すると、
集中力の欠如や、心疾患が増加すると言われています。
しかし、このヘンプオイルには、オメガ3系の脂肪酸が豊富なので、
そこも補えます。
しかも、保水効果が高いので、乾燥しがちな肌や、アトピーの方にも、
効果が期待できます。
大麻(ヘンプ)と聞くと、なにやら危険性があるのでは?
医療用で使われる強い薬なのでは?と思われる方もいますが、
安心してください。
ヘンプオイルで使っている実の部位は、保持が法律で規制されているわけでは、
ありません。
依存性などもありませんよ。
インターネットのほか、デパートの自然化粧品売り場などでも、
取り扱いがあります。
30ミリリットルで5000円前後と、若干他の植物オイルより値段は上ですが、
それだけの効能は充分あると、私は思います。
最近では、ヘンプオイルをお料理に使う方もいます。
必須脂肪酸が豊富で、健康にも良く、
くせのない味なので、
ドレッシングとして用いたり、マリネに使ったりして、好まれています。
こちらも、おすすめですよ。
食用と、肌につける化粧品やマッサージ用とは、精製の方法が異なりますので、
食用のものを、マッサージには、用いないでくださいね。
ぜひとも健康によいヘンプオイル、試してみてくださいね。

アレルギーでも安心して身につけられるヘンプアクセサリー

先日、幼稚園のバザー用の手芸品について、役員のママ達が話し合っていたところ、
ひとりのママがつけていたミサンガが目に止まりました。
聞けば、ミサンガは手作りだそうで、ヘンプという糸を使って作ったそうです。
ヘンプというのは、なんと大麻のことなの、という、そのママの一言で、
場の雰囲気は一変。
ええ!大麻!
押し入れで栽培して逮捕されたり、密輸事件がある大麻なの!
と、驚く私たちに、彼女は、大麻(ヘンプ)は、栽培に農薬や肥料を使わないので、
その繊維から出来たヘンプ糸は、
アレルギーをもつ人でも安心して身に付けけられると、アクセサリーの素材として、
最近人気が高いことを教えてくれました。
彼女が身に付けているミサンガは、刺繍糸で作られたミサンガよりも渋い色合いで、ナチュラルで素朴な良さを感じさせます。
麻の糸なので、ハリがあり、レース編みのように編み込んで、
リボンや動物のモチーフもできそうです。
私は、大麻と聞くと、危険性ばかり思い浮かべていたので、
この話をきいて、大麻の印象が大きく変わりました。
大麻、というと日本では、所持と栽培が大麻取締法という法律で、
厳重に禁止されています。
私のように、違法性や危険性を連想する人も多いのではないでしょうか。
もしくは医療用として、強い作用を持っていると考える人も多いでしょう。
意外なことに、大麻は、実際には日本でも栽培されています。
都道府県知事の許可を得た上で、
産業用ヘンプと呼ばれる品種を、栃木県の農家が栽培しているのです。
この産業用ヘンプは、薬用として用いられる大麻に多く含まれる、
THCやCBDの含有率が低い品種です。
実は、日本では、戦前まで、このような品種の大麻は多く栽培されていました。
そして、人々の衣食住や、祭祀、医療など多岐にわたり役立っていました。
線維が衣類となるのはもちろんのこと、建築の材料や、紙の原料になったり、
実から抽出してオイルを化粧品や燃料、食用として使用してきたのです。
しかし、戦後、世界的にマリファナ規制の動きが起こったことや、
安値で手に入る化学繊維の普及で、大麻の栽培は、急速に衰退しました。
1990年代からは、再び、成長が早く、肥料や農薬がいらない大麻の栽培が、
ヨーロッパで注目されるようになりました。
痩せた土地でも栽培が可能で、肥料や農薬を用いなくても成長が早い大麻は、
農地の有効利用や地域の活性化に、利用されているのです。
実際にヨーロッパやアメリカでは、緑内障や吐き気止めの医療用ハーブとして、
広く認知されていますし、オイルをドレッシングに用いたり、
化粧品にしたりもしています。
あのBMWやメルセデスベンツも、内装に線維を用いた素材を使用しています。
このように、とても用途が広い大麻ですが、
日本ではその特性を詳しく理解している人が減っているのが現状です。
大麻の線維やオイルを使用することは、違法ではありませんし、
危険性もありません。
法律で禁止されている部分や、歴史的背景を充分理解して、
環境にやさしく、オーガニックである大麻を、もっと生活に取り入れてみたら、
おもしろいのではないか、と思います。
幼稚園のバザーでも、
私たちが作ったヘンプアクセサリーを販売することになりました。
みなさんの反応が楽しみです。

世間一般にはポジティブなイメージを持たれにくい大麻

実は歴史上、大麻はわが国を代表する国草と言っても過言ではないほど
重要な存在とみなされてきました。
観光名所として有名な伊勢神宮がありますが、
ここのお札は「神宮大麻」と呼ばれています。
これは大麻が、天照大神の御印と信じられていることに由来します。
また、大麻は強い生命力は魂の象徴と考えられていたため、
「神の依り代」である植物として、
かつての天皇一族らにとっても非常に重要な存在とみなされていました。
こういった思想は、わが国を代表する神話「天照大神の天岩戸隠れ」においても
そのエッセンスが強く根付いています。
上記の神話の中で、素盞鳴尊が暴れ出す場面があるのですが、
その際に天照大神が機嫌を損ね、天岩戸にこもってしまいます。
天照大神がいなくなった世界は真っ暗になってしまい、神々はとても困ります。
そこで、天照大神の機嫌をとるために利用されたのが大麻なのです。
上記のように伝統のある植物である大麻草ですが、
実は美容や健康面にも効果があると言われています。
別名、医療用大麻とも呼ばれており、痛みを鎮める作用や抗癌作用、食欲を増進させる作用などが
あるとされています。
また身体的な副作用がないという点も大麻の特長のようで、
現在も医療目的として大麻を利用するための研究が行われています。
また、大麻草には「カンナビノイド」と呼ばれる薬効成分が含まれています。
この成分は喘息やアレルギーにも効果があるとされており、
わが国でも戦前は漢方薬として処方されていたこともあるようです。
薬効を持つ植物を一般体にハーブと呼びますが、
ペパーミントやカモミールをはじめ、ハーブ類はとても香り高いことでも知られています。
上記の通り薬効のある大麻もハーブの類に含まれるようですが、
やはり香り高いのが特徴のようです。
葉の部分の他にも、大麻の実の部分にも栄養が豊富にあり
ビタミンや各種ミネラルが多く含まれているようです。
さらに大麻の実をしぼって抽出される油には、必須脂肪酸として近年注目されている
オメガ6やオメガ3がバランスよくで含まれていることがわかっています。
中国にある長寿村では、100歳を超えても元気で健康なお年寄りが多いと言われていますが、
この地域ではなんと大麻の実を口する習慣があるそうです。
大麻の実や実に含まれる油には、体内の血液をサラサラにしたり、
心臓病や脳卒中などといった所謂生活習慣病を予防する効果があるという
研究結果も出ているようです。
もちろんわが国において大麻草は、大麻取締法という法律によって
たとえ医療目的であっても使用することや輸入は禁止されていますので
現在のところはその効能を確かめることはできません。
しかし、世界では私達の知られざる用途で大麻が使われており
日々医療の分野などを中心に研究が進められています。
また意外と知られていない用途として、
大麻の油は自動車の燃料としても利用されており、
繊維部分は紙類や衣類、建築材などにも有効活用されています。
このように地域によって、考え方や法律が異なるため
海外の医療事情などを調べてみることはとても興味深いです。

おいしい麻の実

突然ですが、皆さんは麻の実を食べたことがありますか?
麻の実なんて食べられるの?食べても大丈夫なの?と心配になっている人もいるかもしれません。
麻の実はとてもおいしいんです。
きちんとした場所で購入すれば、安心でしょう。
食用の麻の実を販売しているので、ぜひ食べてみてください。
きっと癖になってしまうと思います。
大麻(ヘンプ)オイルも手軽に栄養を摂取できるのでおススメですが、私はどちらかというと、麻の実のほうが食べ応えもあっておススメです。
朝食にヨーグルトに入れて食べてもおいしいので、ぜひ試してみてください。
サラダにかけても、食感がアクセントになっていつもと違った料理に感じるのではないでしょうか?
麻には悪いイメージが強くついていると思いますが、本当はとても素敵で魅力的な素材なんです。
これを知らずに生きているなんて、本当にもったいないと思います。
皆さんはもったいないことをしているんです!
麻の商品がこの世に沢山あるなんて知らなければ、安全に利用できる、安心して食べられるものがあると知らなければ、一生気がつかないまますごしてしまうかもしれません。
おいしく食べられて、健康にも良いのに利用しないなんてもったいないです。
今の時代、結構色々な商品が販売されていて、リーズナブルに購入できる商品が多いですので、家計にもやさしいと思います。
麻の実には毎日の生活に欠かせない栄養素が含まれていますので、上手に摂取していけば健康になれるでしょう。
私が紹介している麻の実の商品は、香ばしくて柔らかいので、どの年代の方でも食べられるはずです。
いつもの料理に少しプラスするだけで、まったく違う味わいになります。
料理のレパートリーを増やしてみませんか?
もちろん大麻(ヘンプ)オイルもサラダにかけたり、パンにつけて食べるとおいしいです。
自分で何にあうのか試して、新たなおいしさを発見してみるのも楽しいかもしれません。
スープに入れたり、隠し味にしたり、色々な楽しみ方があるでしょう。
もちろんそのまま飲んでも大丈夫です。
実は今、麻の実は日本だけではなく海外からも注目を集めている食材なのです。
必須脂肪酸がバランスよく含まれていたり、女性にうれしいミネラルが豊富に含まれていたり、植物性たんぱく質が含まれていたり、他の食材ではなかなか効率よく摂取できない栄養素が沢山含まれています。
本当はとても重宝されるべき食材なのに、その存在を知られていないのは本当にもったいないし、私だけ知っているというのも何だか嫌なので、皆さんに教えちゃいます!
男性にも沢山摂取してほしいですが、やはりきれいを目指す女性には必ず摂取してもらいたいので、ぜひ試してみてください。
探してみると、結構色々な分野で麻は使われています。
その多さにびっくりしてしまうかもしれません。
ヘルシーなのでスタイルを気にしている人も、安心して利用できるでしょう。
毎日ちょっとずつでも良いので、試してみてください。

大麻製品が安全かどうかの基準として使われている要素というと

日本のみならず世界中で大麻や同種類の植物は自生してきたわけでして、日本においても太古の昔から大麻草は神社のしめ縄などで重宝されてきた植物でした。
特に悪魔祓いの力があるといわれていて、その根拠は大麻がもつ大きな生命力だといわれます。
実際に大麻草は農薬や肥料を一切やらずとも丈夫に大きく育つといわれまして、野生の大麻草が高さ3メートルにもなることを知るとびっくりする人が多いです。
第2次世界大戦後には世界中の多くの国において大麻草は違法植物として扱われていまして、いくつかの例外的な国だけで合法的に大麻製品を摂取することが許されていました。
大麻製品が安全かどうかの基準として使われている要素は、陶酔成分であるTHCの含有量が人体に影響をおよぼさないほど低濃度であるかどうかというものです。
日本で自生している大麻草では政府基準で言うと人体に影響をおよぼさないとはいえないので違法として取り締まられているわけですが、産業用大麻として品種改良された種類では、麻繊維をとるためなどに合法的に栽培されることが許可制によって認められています。
もちろん産業用大麻として栽培した後の販路などにもいろいろと規制がかかってくるので、伝統的な神社のしめ縄用などで納品するという明確な販路がある場合には堂堂と産業用大麻を栽培しているわけです。
つまり、大麻草を加工して製造される大麻製品が合法で安全であるかどうかという基準として使われているのはTHC含有量が低濃度であるという要素であり、低濃度であるとされる大麻草を原料としたならば安全性が担保されています。
自生している大麻草はとにかく縦に縦に長く成長するものなので、THC成分の濃度としてはもともとそれほど高くはないものの、合法的に麻製品を製造していた戦前や戦中までの日本においても、麻酔いということでTHC成分の作用は嫌われていたらしいです。
日本人は麻酔いをわざわざ行って陶酔するという習慣をそれほど定着させていませんでして、大麻草をもっぱら製品の原料として捉えていました。
麻の種子から絞った大麻油は、第2次世界大戦が終了するまでは機械油として主力を勤めたほど高品質であったとされます。
現在の日本において合法的に販売されている産業用大麻は栃木県のトチギシロという品種が大半であり、品種改良の結果THC含有量が極端に少ないことで知られていて、麻繊維を採取するための重要な品種として大切に栽培されています。
日本の風土に合ったかたちで長年自生している大麻草が品種改良され、安全かどうかの基準であるTHC含有量の低濃度さをクリアしてできた産業用大麻がトチギシロです。
この品種が現在でも栽培されているのは、感無量の思いがするのです。
外国でも大麻製品が安全かどうかの基準はTHC含有量であり、医療大麻として使われているものはすべて低濃度なTHC含有量の基準をクリアしていますから、安心して利用することができます。

ベストイー

私は、色白なのが自慢でした。
子供の頃は真っ黒に日焼けしていたものですが、高校生あたりからは紫外線に注意し、こまめに日焼け止めを塗るようにしていたおかげかもしれません。
しかし、それでも大人になるにつれ、シミが目に付くようになってきました。
色白なのが災いして、薄いシミでも目立ってしまうのです。
毎朝、ファンデーションやコンシーラーなどで隠すのも大変でした。
美白効果のある基礎化粧品は色々使いましたが、どれもこれと言った効果は感じられません。

どうしたものかと悩んでいた時に、ネットで見つけたのが肌の漂白剤と言われるクリームでした。
このクリームは、普通の美白化粧品類と違って、シミの部分にだけピンポイントで塗るのが特徴です。
肌のターンオーバーを活発にする効果があり、約1か月で皮膚が新しく生まれ変わって、シミの原因であるメラニン色素を漂白してくれるという作用を持っているとのことでした。
考えてみれば、シミを予防する効果を謳う化粧品はたくさんありますが、今あるシミを薄くしたり、目立たなくしたりしてくれるものは、私が試した中にはなかったように思います。
これは私が探していた製品なのではないかと思いました。
ただ、このクリームは外国製で、日本のドラッグストアなどでは売られていない商品です。
手に入れるためには、個人輸入を利用する必要があり、ハードルが高そうに感じられました。
しかし、やはりどうしても手に入れたいと考えた私は、個人輸入の方法を調べてみることにしたのです。

個人輸入をするには、輸入代行業者を間に挟むと、トラブルなくスムーズに商品を買えるということや、偽物に注意しなければならないことも知りました。
肌に直接付けるものですから、もし偽物で、肌が荒れたりしたらと思うと、また尻込みしたくなってきます。
では、評判の良い個人輸入業者を探そうと思い、リピート客やレビュー数の多いサイトを検索してみました。
そこで知ったのが、ベストイーです。

ベストイーは、サイトに清潔感があり、見やすく整理されていました。
さまざまな個人輸入業者のサイトを見てきた私には、その違いは一目瞭然に映ったのです。
サイトが整理整頓されているおかげで、お目当てのクリームも、すぐ見つけることができました。
そのクリームのページも、どんな成分がどのように作用して効果を生むか、また使い方自体もとても細かく説明してあり、注意点などもきちんと書かれています。
とても好感が持てました。
私はうっかりしていましたが、外国の薬ですので、説明書も外国語のはずです。

このような日本語の説明がなければ、購入しても説明書が読めず、間違った使い方をしてしまったかも分かりません。
これなら安心して使うことができると思い、ベストイーを利用して、購入することにしたのです。
注文の仕方も簡単でしたし、配送も思っていたよりずっとスピーディーでした。
きちんと梱包されていましたし、箱に汚れやキズもありません。
サイトの説明文を読みながら、安心、安全に使い始めることができました。
シミも確実に薄くなってきましたし、また利用したいと思っています。

注意点

薬事法についての解説⇒ベストイー
こちらのサイトに薬事法などの解説サイトがあります。注意事項をしっかり守って正しく利用してください。