大麻製品が安全かどうかの基準として使われている要素というと

日本のみならず世界中で大麻や同種類の植物は自生してきたわけでして、日本においても太古の昔から大麻草は神社のしめ縄などで重宝されてきた植物でした。
特に悪魔祓いの力があるといわれていて、その根拠は大麻がもつ大きな生命力だといわれます。
実際に大麻草は農薬や肥料を一切やらずとも丈夫に大きく育つといわれまして、野生の大麻草が高さ3メートルにもなることを知るとびっくりする人が多いです。
第2次世界大戦後には世界中の多くの国において大麻草は違法植物として扱われていまして、いくつかの例外的な国だけで合法的に大麻製品を摂取することが許されていました。
大麻製品が安全かどうかの基準として使われている要素は、陶酔成分であるTHCの含有量が人体に影響をおよぼさないほど低濃度であるかどうかというものです。
日本で自生している大麻草では政府基準で言うと人体に影響をおよぼさないとはいえないので違法として取り締まられているわけですが、産業用大麻として品種改良された種類では、麻繊維をとるためなどに合法的に栽培されることが許可制によって認められています。
もちろん産業用大麻として栽培した後の販路などにもいろいろと規制がかかってくるので、伝統的な神社のしめ縄用などで納品するという明確な販路がある場合には堂堂と産業用大麻を栽培しているわけです。
つまり、大麻草を加工して製造される大麻製品が合法で安全であるかどうかという基準として使われているのはTHC含有量が低濃度であるという要素であり、低濃度であるとされる大麻草を原料としたならば安全性が担保されています。
自生している大麻草はとにかく縦に縦に長く成長するものなので、THC成分の濃度としてはもともとそれほど高くはないものの、合法的に麻製品を製造していた戦前や戦中までの日本においても、麻酔いということでTHC成分の作用は嫌われていたらしいです。
日本人は麻酔いをわざわざ行って陶酔するという習慣をそれほど定着させていませんでして、大麻草をもっぱら製品の原料として捉えていました。
麻の種子から絞った大麻油は、第2次世界大戦が終了するまでは機械油として主力を勤めたほど高品質であったとされます。
現在の日本において合法的に販売されている産業用大麻は栃木県のトチギシロという品種が大半であり、品種改良の結果THC含有量が極端に少ないことで知られていて、麻繊維を採取するための重要な品種として大切に栽培されています。
日本の風土に合ったかたちで長年自生している大麻草が品種改良され、安全かどうかの基準であるTHC含有量の低濃度さをクリアしてできた産業用大麻がトチギシロです。
この品種が現在でも栽培されているのは、感無量の思いがするのです。
外国でも大麻製品が安全かどうかの基準はTHC含有量であり、医療大麻として使われているものはすべて低濃度なTHC含有量の基準をクリアしていますから、安心して利用することができます。